0
    スパー20ラウンド(連続17ラウンド、1ラウンド休憩して3ラウンド)
     昨日は人が少なかったが、それだけに今日は多いだろうと予想していたら、案の定、先着が11人。私がジム入りした直後からも、続々と入ってくる。
     ロープは当然なし。
     シャドーのスペースも狭く、隅で4ラウンド。
     しっかりシャドーを行ってミットができるな、と思っていたら、ミットはなし、という指示が出て、スパーに入る流れとなり、防具を着けてサンドバッグ1ラウンドを行い体勢を整え、スパーへ。
     4人を相手に行い、前回の距離の問題点を修正。かわして離れたら、すぐ自分の有利な距離へ戻るようにする。こんなことは当然なのだが、攻防の中で気づき、実行できたことは大きい。
     マットロンサーイは、ほぼ百発百中で入る。しかし、テッサーイは、前に出て蹴ると入らない。逆に、近いところから離れながら蹴ると入る。ミットでは、やっとできるようになったことが、スパーでは、まだできていない。離れながら蹴る。この基本を実行すれば良い。
     ミットで出し尽くした後ではないので、スパーはいくらでもできる。延々15ラウンド行って、リングを他の皆さんに譲るつもりで終了しようとしたら、要求があって、もう2ラウンド。
     この相手も休憩に入ったので、グローブなどを外したら、これから参加する先輩に要求され3ラウンド。この3ラウンド中、2ラウンド目で相手のマッを額で受ける余裕を見せながら、テッサーイを決めて完勝を実感して終了しようとしたら、もう1ラウンドを頼まれる。自分で終わろうとしてから延長すると、怪我などの原因になる。断ろうかと思ったが、あと1ラウンド!と昔のような気持ちが起きて、対戦。さすがに気持ちが低下して、攻め込まれる場面が増えたが「負け」という内容ではなかったと思う。
     実に20ラウンドのスパーを終了。ウィラサクレックジムに入って、このラウンド数は初めてだろう。
     スパーで最高度に高潮した体温が、そう簡単には下がらないが、クールダウンとしてシャドー1ラウンド。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:53 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      スパーで強敵の先輩2人を相手に充実の内容
       土曜だが、一番乗り。余裕のスペースでロープを始める。1ラウンド目は140回/分だったが、2ラウンド以降は130回台だった。
       シャドー3ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
       ミットはドン先生。
       今日の課題は、上体後傾と腕振りを大きく、自然落下の実行。
       自分では意識して実行できたつもりだが、撮影をしていないので、第三者的には、どうか不明。
       マッは、マッタワットクワーを多く指示され、ほとんどのマッ攻撃にマッタワットが入った。これらを落下しながら行うことができた…と思う。
       連打は、2、3、5、10と多様。連打の方が自然落下の必然性が高まるため、単発よりできていた気がする。
       サンドバッグで、マットロンクワー1ラウンド、マッタワットクワー1ラウンド、マットロンサーイ1ラウンド、マッの複合1ラウンド。
       スパーは、理想的な相対運動のできる先輩から始める。この人には、マッをいいようにもらい、接近すると簡単に転がされていたので、覚悟を決めて向かわねばならない。
       常に位置取りをしながら動き続けていると、マッはすべてかわすことができ、組んでこられても脱力して対応できた。相手のテッをジャップして転がすことができたのには自分でも驚き、周囲からは称賛の声が湧く。
       次は、フェイントとマッのうまい先輩。2人の先輩と回りながら行う。この先輩は、ひどく疲れているようで、得意のマッよりもテッを多用し、それをかわす、あるいはマットロンのカウンターを合わせることができる。合計3ラウンド行って、いずれのラウンドも同じような展開だった。
       相対運動の先輩は、フェイント巧者の先輩をティープで押し込む、接近しては組んでカウを入れていた。私には、このような強い攻撃をしなかったので、1ラウンド目は手加減してくれたのだろう。しかし、2ラウンド目からは、上げてくるに違いない。
       いざ、2ラウンド目に入ると、確かにティープなどで押し込んでくるが、それをもかわせる。間合いを詰めて、上体後傾しながらのテッが入っている。3ラウド目で、パムから転がされ、リングに腰を叩きつけられ、これが唯一のダメージになったが、他は攻撃をもらうことが、ほとんどなかった。合計3ラウンドを行って、いずれも「勝ち」とまではいかなくても、少なくとも「負け」はなかった。我ながら納得のスパーとなった。
       パムの練習に入った先輩方を見学しながらシャドー1ラウンドでクールダウン。
      | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 19:13 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        ミットでラウンドを通じて脱力することが新しい課題
         通常の日曜らしく、ジム入りすると、すでに人が多く、ロープは中止。
         シャドー3ラウンド、サンドバッグでマッのみ3ラウンド。
         ミットはウー先生。前回の出来が良くなかったので、挽回したい。しかし、その意識が力みにつながってはいけない。
         マッは高速の指示に応じる自分の速さを感じることができたが、落下は不十分だった。
         テッは逆に浮上ができ、威力を感じる。
         2ラウンド目、3ラウンド目とも序盤は脱力でき、攻撃の重さを感じる。これが、どこまで続くか自分で確認してみる余裕がある。1分くらいで疲労が生じて力みが出てくるようだ。脱力をラウンド中継続できるようにすることが、新たな課題となる。
         サンドバッグでマッ2ラウンド。
         スパーは、位置取りをきっちり行って、前回のようにマッンガをもらったりすることはない。ほとんどの攻撃をかわし続けることができたが、それは距離を保っているゆえ。自分のテッ攻撃を近づいて出さねばならないので、1ラウンド目は2度ジャップされてしまう。2ラウンド目は届かず、3ラウンド目になって、やっと強烈にヒットした。
         全ラウンドを通して、位置取りは正確になって、かわしが向上したものの、自分の攻撃を出せなくなっていた。これを次回は修正する。
         シャドー2ラウンドでクールダウン。
        | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:00 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          年内最後のジム練習は、シャドー・ミット・スパーすべて充実。スパーでは「気がついたら、相手のグローブをかわしていた」現象を経験
           ジムの営業は、今日が今年最後。昨日はK-1が名古屋で行われたので、先生方は、まだ帰れないだろう。自主練習か? スパーなどを多くして、たっぷり汗を流したい。
           日曜にしては、人が少なく、ロープから開始し、初の5ラウンド。良好な発汗になった。
           シャドーは骨盤片方上げを中心にして、入念に5ラウンド。サンドバッグ1ラウンド。
           ミットは幕張から来てくれた先生が持ってくれる。たいへんありがたい。
           骨盤片方上げを意識し、実行ができると威力を感じる。
           この先生は、適度な反撃と、足払いを仕かけてくる。打撃はすべて防御できるが、足払いを防ごうとすると、踏んばることになり、そこで要らぬ疲労が生じた。もちろん、すぐに回復させて、攻撃を続ける。
           サンドバッグでマッタワット1ラウンド。骨盤片方上げにより、威力とつなぎの向上を感じる。
           シャドー3ラウンドで、カウとテッの骨盤片方上げを確認。
           待望のスパー。フェイントのうまい先輩に前回もらったマッンガとマットロンをすべてかわすことができる。そして、こちらのテッサーイが入る。今回は1度もジャップされることがなく、向上を感じる。
           続いて、マッサーイのうまい人と2ラウンド。この人の得意とするマッサーイも、すべてかわすことができた。動いて、気がついたら、かわしている。かわしてから相手のグローブが見えた。これは不思議な感覚だ。その前のスパーでも、同じような感じだった。
           無意識で反応できる。この感覚を伸ばしたいところだ。
           スパーを終えると、人が増えていて、スペースも足りなくなっていたので、これで十分、とシャドーを行うこともなく満足して終了。
           皆さんに年末の挨拶をし、最後は先生に「ジューカンピーナー」言ってジムを出る。年末の言葉がタイ語とは、実に嬉しい。
          | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:16 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            骨盤片方上げを各技に活用して効果を感じる・スパーでは85キロの高校生と激突
             ロープから開始。なぜか速度は遅めで、140回/分になったのは、2ラウンド目の中盤と3ラウンド目のみだった。こういうときもある。
             シャドー3ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
             ミットはウー先生。マッの高速回転には、落下の課題は継続しつつも、骨盤片方上げによる脇湾曲を使って対応し、少しだけ速さと威力が向上した。ラストの連打でも、力みなく自然に速く強い攻撃になった。
             テッとカウは、前回と同様に、骨盤片方上げが実行できるが、連打では膝入れが甘くなった。
             サンドバッグでマッ1ラウンド。後ろ足脱力を使ったマッタワットの感触が良くなってきた。テッサーイ1ラウンド。
             スパーは85キロの高校生と3ラウンド。
             あまり攻撃してこないタイプだったが、いきなりテックワーからの強打が連続した。前回から、大きく変わっている。それでも、見て待つ流れにしたため、後手に回った。特に、太い腕で、20オンスのグローブ着用のマッは重くて危険だ。
             後退してかわしていると、どんどん前に出てくるので、ロープに詰められそうになり、必死で逃れる。
             2ラウンド目からは、下手に距離をとってはいけない、と下がらず、相手の間合いをつぶしてマッやテッを要所で決めることができるようになる。
             これだけの体格差、年齢差なのだから、遠慮は要らない、と開き直れた。
             久しぶりに、伸び伸び攻撃することができ、テッとマッで確実にポイントをとって完勝を自覚でき、上々の気分だ。
             サンドバッグでマッの復習1ラウンド、テッサーイは確認のつもりで蹴っていたが、骨盤片方上げを丁寧に行うと、威力が上がったので、2ラウンド行う。
             フィストプッシュアップをドロップで10回、5回、5回。
             シャドー1ラウンドで確認とクールダウン。
            | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:13 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              スパーで接近戦に可能性を見出す
               日曜だが、人が少ないので、平日と同じにロープを行う。
               シャドー4ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
               ミットはウー先生。
               高速回転の中で落下を大きくしようとするが、まだ不十分。
               テッとカウは、骨盤片方上げの効果が実感でき始めた。
               連打のポイントは、戻り脱力だが、後半にならないと実行できない。ある程度の疲労が必要なのか?
               サンドバッグで骨盤片方上げを使ったマットロンを中心に2ラウンド、上体後傾や膝曲げのテッサーイ4ラウンド。
               スパー形式でマッのみ3ラウンド。骨盤片方上げのマットロンや、後ろ足落下によるマッタワットなどを試すことができ、武器化の感覚を得る。
               通所スパー3ラウンド。踏み込みのマットロンを集中され、何度ももらった。後半から、動きに慣れ、かわしての反撃やテッサーイのカウンターなどが可能になる。
               最後のラウンドでは、接近戦中心にして良好な攻撃ができた。この相手の得意なマッの間合いで戦わず、間合いをつぶさなければ、自分の勝機をつかめない。次回は、最初から接近戦で臨もう。
               スパーを終えると、リングの外に人がいない。日曜だというのに、どうしたことか? 不思議な光景だった。
              | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:35 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                ミットでマッの落下が不十分・スパーでは先週の失敗を払拭して勝利感を得る
                 昨日、川嶋先生の「相対軸の蹴り」を編集し、注意点を改めて書きとめておいた。それを手にしてジム入り。
                 ロープを順調に行い、シャドーは課題の身体操作重視で4ラウンド。サンドバッグ1ラウンド。
                 ミットはウー先生。シャドーで、しっかり落下を行っていたのだが、回転が速いと、毎回のことながら不十分になる。
                 十分な落下ができる → 速度を高める の順序ではなく、速い回転の中で、落下の深度を大きくしていく流れに路線変更しよう。
                 テッは、対照的に、落下・骨盤片方上げなどが実行でき、威力を感じる。連打は、それらの身体操作が中途半端になり、膝入れが浅くなった。しかし、すぐに修正。連打においては、骨盤片方上げと戻り脱力をより重点的に行うと良い感じになってくる。
                 サンドバッグで、落下重視のマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。
                 すっかり恒例となった水曜スパー3ラウンド。いきなり猛攻を受けたが、見ずに反応すると、これまで腕で受けてしまっていたテッをカウバンすることができる。猛攻をしのいでからは、位置取りをして自分の間合いへ持ち込み、テッサーイを決める。
                 しかし、相手の間合いのままテッサーイを蹴ると、必ず見切られてしまう。前に出ず、頭を前に出さず、近い間合いを確保して、上体後傾しながら蹴る。これを実行すればいい。
                 相手の攻撃をもらうことが減り、テッサーイのヒット率が高まり、先週の失敗を払拭できた。
                 平日にしては人が多いため、クールダウンのシャドーを行わずに終了。
                | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:13 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  受けに徹しながらも、相手の呼吸を読み初動をとらえる
                   体重が急激に増えた(日曜より1.6kg増。これは量りのせいだろう)ので、ロープを4ラウンドにする。
                   シャドー4ラウンドで、落下における骨盤の使用、骨盤片方上げなどを行う。テッの軸足脱力が久しぶりに実感できた。
                   サンドバッグ1ラウンド。
                   ミットはウー先生。マッは回転を速くすることにとらわれ、いずれのマッにおいても落下を実行できなかった。次回へ持ち越し。
                   テッは、骨盤片方上げが、少し実行できている感じはする。落下に関しても、マッより良好のようだ。不十分だったのは、連打での戻り脱力か。
                   ゲーオ氏の取材を見学。
                   サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー1ラウンド。
                   スパーは女子の相手を3ラウンド。テックワーが伸びてきて、受けたのに顔に当たった。顔に蹴りをもらうなんて、いつ以来だろう? 以後は、軌道を把握して、受けに回りながらも、相手を見ることなく、常に位置取りをしながら反応するように修正できる。
                   歩法を大きくとらない、上体後傾など、スパーで大切な要素を確認しながら動くことができた。
                   これまでなら、ただ受けに回るだけになっていただろうが、受ける立場に徹しながらも自分の練習ができるようになったことは、大きな変化だ。
                   シャドー2ラウンドで復習とクールダウン。
                  | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:14 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    ミットでの骨盤片方上げはまだ実感がつかめず・スパーは三者三様の対応
                     いつもの日曜らしく、ジム入りすると、すでにミットが始まっていて、リング外も人が多いため、ソープは行わず、シャドーから。拳の脱力、落下、震腰、骨盤片方上げなどを、技を通して行っていく。3ラウンド。サンドバッグ1ラウンド。
                     ミットはウー先生。「野沢さんは元気だ」と言って私を評価してくれる人が、横で見ているので、元気に動かねば、と欲を出して、外発動になってしまった。それを自覚して、すぐに水化して回復させる。
                     課題である骨盤片方上げは、明確に意識し、できている感じはするものの、威力などの明らかな変化は生じなかった。
                     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。
                     スパーは、3人を相手に2周。1人目は、ミットを見るだけで手強さを感じる高校生と初対戦。絶妙に間合いを外され、テッサーイが入ったと思ったら、ジャップして転がされた。マッもテッも強い。しっかり位置取りしながら見ないで動いているうちに、攻撃をもらうことはなくなったが、こちらの攻撃を入れることもできないままだった。
                     続いてマッサーイのうまい先輩は、膝を中に入れるテッサーイが入り、相手のマッサーイは1発ももらうことはなかった。良好な内容だった。
                     そしてフェイントのうまい先輩は、冒頭、マッンガに徹して、そのほとんどを決められたが、これも見ないようにして、かわす感覚をつかみ、テッサーイのカウンターが2ラウンドの中で2回決まる。我ながら、これは大成功だった。しかし、ジャップされる場面もあって、ヒット率は30パーセント程度。この率を高めていこう。
                     スパーの間に、人が増えてきて、シャドーのスペースも苦しいため、クールダウンなしで終了。
                    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 16:39 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      脇湾曲は効果を発揮するが、テッの落下と浮上は不十分・スパーは前回より低下

                      ゲーオ氏とブライアン氏が、試合さながらの激しいスパーリング。
                      ウィラサクレック会長をはじめ、先生方、ゴンナパー氏ら選手たち、ジム内の全員が見守ります。


                       2日を空けてのジム練習だが、以前のような不安はない。
                       ロープは、2ラウンド目から高速化し、最後の1分は150回に達する。3ラウンド目は140回台を維持。
                       シャドー5ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
                       ミットはウー先生。脇湾曲の活用で、回転の速いマッが続いても、以前のような疲労はない。ただし、強い打撃による反作用に耐えるための力は必要で、これによる疲労は生じる。
                       脇湾曲は、ソークで如実に効果を発揮し、威力の向上を実感。
                       テッは、特に連打において、落下と浮上が不十分だった。思い切り落下できたとき、あるいは軽快に浮上ができたとき、明らかに威力が高まるだけに、落下と浮上は今後も重要課題として継続だ。
                       サンドバッグでマッタワット2ラウンド。
                       スパーは、毎週水曜日定例となった相手と3ラウンド。
                       今回は、相手が先手を仕掛けてきて、序盤は見てしまったが、すぐ修正し、相手を見ず、動いて適切な位置取りを行うようにすると、後手に回ることがなくなった。
                       しかし、テッの間合いに入れないまま、後傾なく蹴ってしまうと、かわされる。今回は、テッのヒット率は50パーセント程度だった。
                       前回より、うまく行かなかった点を把握し、次回は修正しよう。
                       サンドバッグでテッサーイの間合いと身体操作を確認し、2ラウンド。
                       シャドー1ラウンドでクールダウン。
                      | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:18 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE