0
    ミットにおける課題の克服は30%程度だが、上出来だ
     動作の課題が多く、どうしても頭に浮かんでくるが、あえて考えないようにし、平常心を保ったまま、ジムへ向かうことができる。
     また少し人数が増えたが、ロープのスペースはあり、網マスク着用で、順調に行う。しかし、速度は140程度。
     シャドーで肩先導1ラウンド、肩先導のマッ2ラウンド、カウ1ラウンド。
     サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。
     もっと「ゆっくり」動作を大きく、の課題は、まだ実行できていない。
     テッは、単発でも連打でも浮上の感じが良くなった。もっと力を抜きたい。
     カウは、前回の反省を踏まえ、1回ごとに間合いをとることができた。
     課題の克服は、30パーセント程度か? 上出来だろう。
     サンドバッグでマットロンクワー1ラウンド、マッタワットクワー1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、カウ1ラウンド、トイトーン2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 18:33 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      編集作業で正しい動きを明確に注入してからシャドー
       ムエタイの動画を編集し、正しい動きと誤った動きを明確に脳へ注入してから、1階道場でシャドー。
       肩先導の歩法1ラウンド、マットロンクワー1ラウンド、マッンガクワー1ラウンド。
       カウサーイ1ラウンド、カウクワー1ラウンド。右は、いつものような良好な感覚が得られず、1ラウンドのみで終了。
       テッサーイ2ラウンド。
       トイトーン1ラウンド。
       踏み込みを各技ごとに確認して1ラウンド。
       五行の気、舒筋法。
      | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 21:01 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        ミットで各技の問題点を確認
         好調時に休養し、調整のみに抑えた昨日の効果は、今日の練習にどう影響するか?
         ロープから開始。
         前回のような油断を避け、網マスク着用。冒頭は少し違和感があったが、すぐ気にならなくなり、速度が上昇。常に146以上を維持し、2ラウンド目には150に至った。
         シャドーは肩先導の歩法を1ラウンドのみで、ミットへ。
         ミットはウー先生。
         前回と同じく、後ろ肩先導を思い切り使うが、少し焦りが生じて、動きが小さくなった。もっと「ゆっくり」動こう。
         テッは浮上ができているが、連打になると浅くなる。横入れを大きくする。
         カウは連続して蹴ると、間合いが近くなる。1回ごとに離れて間合いをとり、遠くから蹴るようにしよう。
         サンドバッグでマックワー2ラウンド、テッサーイは肩先導が好調で4ラウンド、カウ2ラウンド、トイトーン1ラウンド。
         シャドーは、踏み込み重視のトイトーン1ラウンド、カウ1ラウンド。
        | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:48 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          休養後の練習は、心身ともに快適
           十分に休養をとった感覚をもって、夜に1階道場でシャドー。
           まずは肩甲骨発動を「肩→肘→返し」と確認しながら1ラウンド。
           肩先導の歩法1ラウンド。
           いよいよマットロンクワーを加えて2ラウンド。マッで肩甲骨がうまく前に出ると、自然浮上が生じる。
           カウサーイ1ラウンド、カウクワー1ラウンド。やはりクワーの前方落下や逆行が良好。この感覚を保持ししてサーイにも伝搬させるべく、もう1ラウンド。
           テッサーイ1ラウンド。肩先導があると、動きが楽に、しかも速くなる。
           トイトーン1ラウンド。十分な落下を目指す。
           全体的に良好で、動いていて気持ちがいい。
           五行の気で終了。
          | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 21:13 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            絶好調だからこそ休む
             ウィラサクレックジムを休むことにする。
             体調は良好。撮影した動画を確認して、トイトーンの方法などが明確になっていて、一刻も早く実行したいところではある。
             自分が無限に向上できそうな期待が高じている。
             しかし、こんなときが危ない。
             調子の良さに、さまざまな知識が加わって、欲が出ているときに、怪我や病気につながる。
             これまで何度も経験してきたことだ。
             ここは、欲張ってはいけない。
             むしろ、休むことによって、高まりを抑えよう。
             練習へ行く前と違って、緩んだ気分になれる。
             むしろ、練習のときこそ、こうした緩さが大切だ。
            | 休養 | 15:47 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              ミットで後ろ肩先導が好調、カウの肩腰逆行が自然にでき始める
               ロープから開始するが、気温が低めなので、普通のマスク使用で大丈夫と思ったのが甘かった。
               1ラウンド目から苦しい。繊維の隙間を水分が埋めて、空気が通らなくなる、と思われる。
               1ラウンドで中断しようと思ったが、口呼吸などを全開で導入し、何とか2ラウンドへ進み、次第にマスク呼吸の方法をつかめて、3ラウンドを完遂。速度は130台に落ちてしまった。
               シャドーは、後ろ肩先導の歩法1ラウンドのみで、ミットへ。
               ミットはウー先生。
               後ろ肩先導を思う存分、使わせてもらい、威力を感じる。
               テッでも、後ろ肩先導を活用し、良好な浮上につながった。
               カウは、肩と腰の逆行が自然にでき始めた。もう少しだ。
               サンドバッグで、後ろ肩先導のマットロンクワー2ラウンド、テッサーイ1ラウンド、カウサーイ1ラウンド、カウクワー1ラウンド、トイトーン1ラウンド。
               シャドーで後ろ肩先導のカウを中心に2ラウンド。
              | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 20:31 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                カウの踏み込みを変えて動きやすくなる
                 DVDの出力と保存中に、1階はジークンドーの練習中なので、2階でシャドー。
                 後ろ肩先導の歩法に始まり、マットロンクワーとマッタワットクワー2ラウンド。
                 カウサーイ1ラウンド、カウクワー1ラウンド、カウサーイクワー1ラウンド。踏み込みの形は、トイトーンに共通させたので、肩甲骨は前、骨盤は後ろへ(実際には前に出ているが)の意識によって動きやすくなる。
                 テッサーイ1ラウンド、トイトーン1ラウンド。
                 舒筋法、五行の気。
                 適度に汗が流れて、実に気持ちがいい。
                 明日への準備ができた。
                | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 20:51 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  ミットで後ろ肩先導を指導され威力が向上
                   練習に専念できる日だ。電車に乗る前、昨日の肩甲骨発動について確認していたら、こうして考えているから不安になるのだ、と考えるのを中止する。我ながら、良い状態だ。
                   ジムは少し人が戻ってきたが、以前の日曜ほどの人数ではない。
                   シャドーから開始し、後ろ肩先導のマッ2ラウンド、カウ2ラウンド。
                   サンドバッグはアップで1ラウンド。
                   ミットはウー先生。今日は2ラウンドのみ、と言われる。
                   意外にも、後ろ肩先導を指導された。「腕が横に流れている」との指摘。横に流れると中心軸の回転運動になってしまう。顔面をガードする形で前へ大きく出す。これが理想的な後ろ肩先導だ。これによって、マットロンクワーもマッタワットクワーも強力になり、先生の反応が良かった。
                   後ろ肩先導は、他の技にも波及して、カウの伸びが良く、これも先生から高評価。
                   しかし、テッには活用できず、連打は浅くなってしまった。
                   サンドバッグで、後ろ肩先導のマッを復習して2ラウンド、テッも後ろ肩先導を使って2ラウンド、カウ2ラウンド、トイトーンサーイ2ラウンド。
                   サンドバッグは合計10ラウンドに達したので、シャドーは行わずにしゅうりょう終了。
                  | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:04 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    肩甲骨発動と足の無反動化を重点的に行い、最後は後ろ肩先導の疑問が解消される
                     練習、撮影を経て、最後は崩導。
                     肩甲骨発動の復習に始まり「先週より良くなっています」との評価をいただき、この1週間に行ってきた練習が少し実を結んだ気がする。
                     後半は足の無反動化。
                     無反動化そのものに加え、移動における意識の使い方なども学ぶ。
                     最後は、質問を受け付けてもらえて、後ろ肩先導を使った際の浮上について尋ねたが、後ろ肩先導の動き方や使い方にまで発展しての回答をいただき、これまでうまくいかなかったところや疑問点が解消し、実にすっきりした。
                     明日は、ボディ打ちも合わせ、たっぷり練習しよう。
                    | BUDO-STATION崩導 | 21:07 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      ボディ打ち達人になる日は近い?
                       撮影。
                       今回は、ボディ打ち。
                       マットロンに始まり、マッタワットとマッンガも行う。
                       いずれも大きく踏み込み、その際に後ろ足の位置を前に移動せず、かかとを上げることが要点となることを教えられた。
                       さらには、攻撃側でない方の手を使っての崩しや先導など、大きな収穫を得た。
                       これで、ボディ打ち達人になる日は近いか?
                      | ムエタイ取材と練習 | 21:05 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE