<< 速い肩甲骨発動は、ミットよりもスパーで効果を発揮 | main | ミットは全体的に良好ながら、連打と肩の動きは要修正 >>
0
    義務感でウェイトを行うが、腹筋が痙攣して中止
     ウェイトで筋肉を大きくしなければならない!との義務感を鼓舞する。


     ラットマシーンプルダウン22キロ10回、31キロ7回3セット
     ラットマシーンプルダウンワイド31キロ6回、22キロ8回3セット
     プリーロー22キロ10回、24キロ9回3セット


     ウォールクランチ12回。2セット目に入ろうとしたら、痙攣してしまう。
     何とか回復させて、オブリーククランチに変更し、20回。左を行って右に移ろうと向きを変えたら、また痙攣。中断を余儀なくされた。

    五行の気は、これまで陰だけ行っていたが、陽も行う。
    チャーンサバットヤーの踏み込みを左右各30回。落下と中丹田先導が、とても良い連動になってきた。
    アイヤラーモーの踏み込みを左右各30回。
    | ウェイト&内発動トレーニング | 20:17 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE