<< ウェイトは、形にとらわれた方が効く? | main | 各部位の運動とヤーンカウ >>
0
    マッンガの力も抜けて、全体が好感触
     ジムへの道のりは、課題は決まっていても、それにとらわれず、平静な心境のまま。たいへん良い。
     タイヤから開始し、各部位を十分に動かす。
     ヤーンカウ3ラウンド。チャーンサバットヤーと垂直落下の連動が、さらに向上している感じがする。何ラウンドでも行える感覚もある。
     ミットはウー先生。
     マッの脱力・後ろ肩先導・浮上を冷静に実行。良い感じだ。問題のンガは、上腕二頭筋を中心に力を抜き、横引き伸ばしで動くようにし、これまでの力みを払拭。
     逆に、これまで力の抜けていたテッに、力が入ってしまい、疲労を感じるが、2ラウンド目から、これまでの感覚が甦り、サーマート氏式に動けるようになる。
     カウは、垂直落下とチャーンサバットヤー重視で動くが、それが効果を上げたかどうかは不明。
     サンドバッグで、マックワー1ラウンド。ミットでの好感触を追体験する。
     サンドバッグでカウサーイ2ラウンド、カウクワー2ラウンド、テッサーイ1ラウンド、テックワー1ラウンド。テッは、サーマート氏式が、サンドバッグでも良い感じで実行できた。
     シャドーでカウ1ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:58 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE