<< 明日への準備 | main | サンドバッグで届くのに、スパーで届かないのは、踏み込みが原因か >>
0
    マッのみでもミットを行ってもらえるありがたさ
     タイヤから開始。
     リングでヤーンカウ3ラウンド。かなり自然な感じで動けるようになってきた。インターバルなしで3ラウンド行っても、まったく疲労がない。
     シャドーでカウサーイ4ラウンド、マットロン各種1ラウンド、テッサーイ2ラウンド。10ラウンド行うと、十分な調整ができた感じがある。
     サンドバッグで、マットロンクワー1ラウンド、マッタワットクワー1ラウンド、カウサーイ1ラウンド。
     ウィラサクレック会長が「野沢は痛風で蹴りができなくても、パンチだけでミットをやれ」との指示を出してくれて、ドン先生によるマッのみのミット。マットロンのみだったが、課題の踏み込みと浮上を最後まで続けることができた。マッのみでもミットの対応をしてもらえるありがたさをかみしめる。
     サンドバッグに戻り、カウクワー1ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:17 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE