<< 2週連続の会長ミットは、力んでしまうが、全体的には良い内容となった | main | 物を蹴る練習は中止して、シャドーとサンドバッグで動作の確認 >>
0
    ウェイトの日ながら、挙上落下スクワットによって大きな手掛かりを得る

     マシーンチェストプレス22キロ11回2セット、49キロ4回3セット、上部22キロ10回、40キロ9回2セット
     マシーンフライ22キロ9回3セット


     ラットマシーンプルダウン30キロ7回3セット
     プリーロー22キロ10回、26キロ9回、28キロ8回、22キロ10回

    五行の気、手首・肘・肩の部位運動。
    ムエタイ式挙上落下スクワットでは、逆行の状態を鏡で見ると、ねじれが生じていることが判明。
    不自然な力が入っている気はしていたが、それが形にも表れている。
    では、どうしたら良いか?
    力を抜いて、自然に沈んだら、逆行となり、形は理想的なものとなった。
    ここでも、力を抜けば良かったのか。
    ウェイトの日だったが、仕上げの内発動トレーニングによって、大きな手掛かりを得た。
    これを明日のジム練習に活かそう。
    | ウェイト&内発動トレーニング | 19:09 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE