<< ついに相対軸の落下を理解する | main | ウェイトの日ながら、挙上落下スクワットによって大きな手掛かりを得る >>
0
    2週連続の会長ミットは、力んでしまうが、全体的には良い内容となった
     完全にコロナ前の日曜に戻った。
     ジム内では2人がロープ中なので、外でタイヤ。手首と肘は1ラウンドしかもたず、以後の2ラウンドは肩に専念し、十分な準備となる。
     中に入って隅でヤーンカウ1ラウンド。隅のスペースも狭くなってきたので、入口に移動してマッ各種1ラウンド。
     バンテージを巻き、ミットの順番を待つ意味で、サンドバッグを始め、カウが良い感じでバッグに入り込んで1ラウンド。2ラウンド目の途中で、ウィラサクレック会長から直々に呼んでいただき、先週に続いて名誉の会長ミット。
     指示に従うのではなく「試合のつもりで」攻撃を出させてもらうが、指示に従うより難しい。
     会長から教えられた「半分・チャー」が実行できず、力んだまま。
     しかし、昨日の動画で課題としていた相対軸踏み込みは、4ラウンドの最後まで実行し続けることができた。
     踏み込みのおかげで、テッやカウにも良い影響が及ぶ。
     力みの点を除けば、良い内容だったと思う。
     サンドバッグでマックワー1ラウンド、カウ1ラウンド。
     マッの攻撃のみスパー3ラウンド。
     本拳は、あまり使うことができなかったが、マッンガトーンは、先週に引き続いて有効に当てることができた。トーン攻撃を、もっと磨いていこう。
     ジム内は、さらに人が増えてきたので、シャドーは行わずに退散。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:05 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE