<< 疲労が出ると、足が出なくなる欠点が発覚 | main | 2週連続の会長ミットは、力んでしまうが、全体的には良い内容となった >>
0
    ついに相対軸の落下を理解する
     夜は崩導。
     午前中にムエタイ、午後は仕事。その後の稽古は肉体的に厳しいと思っていたが、いざ開始すると、川嶋先生の教えに導かれ、疲れが消えて取り組むことができた。
     さまざまな方向から崩されても構えが崩れない状態を体に憶え込ませ、その感覚を、指をとらえた瞬間からの動き、目を狙っての推手などに活かしていく。
     後半は、本拳の稽古になり、三戦の型やミットを行う。ミットの際、川嶋先生に受けてもらいながら、膝の落とし方を指導される。
     これまでは垂直落下を行うようにしていたが、垂直落下だと中心軸になってしまう、真下でなく、少し前に膝を落としていく落下にすると、相対軸となって本拳が実現する、と教えられた。
     教えの通りに膝を使って落下すると、良くなっているとの評価をいただけた。
     これまで、垂直落下が「落下」と思い込んでいたが、それは中心軸を促すものだった。
     衝撃だ。
     しかし、少し前方落下することが相対軸の落下であることを理解できたのは非常に大きな収穫だ。
     これで、大きな前進へとつながるに違いない。
     明日のムエタイ練習が楽しみだ。
     川嶋先生、ありがとうございました!
    | BUDO-STATION崩導 | 21:15 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE