<< ミットにおける課題の克服は30%程度だが、上出来だ | main | スパーでも通常マスクは危険と判明 >>
0
    肩甲骨発動を多角的に体得する試み
     崩導は、本拳の練習から開始。両手を交互に出す方法では、肩が回転してしまうので、三戦式で行い、肩甲骨発動を入念に反復。
     つかまれて動かす、つかんで引く、パムから崩す、ソーク、ナイハンチの肘打ちなどの動きも肩甲骨発動で行い、肩甲骨の動きを多角的に体得する試みが続く。
     最後に行った、両掌を合わせてのソークは、掌の位置を変えずに肘を相手の顔面に伸ばしていくので、後ろ肩先導に共通し、ムエタイの大きな解決策となった。
    | BUDO-STATION崩導 | 21:00 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE