<< 編集作業で正しい動きを明確に注入してからシャドー | main | 肩甲骨発動を多角的に体得する試み >>
0
    ミットにおける課題の克服は30%程度だが、上出来だ
     動作の課題が多く、どうしても頭に浮かんでくるが、あえて考えないようにし、平常心を保ったまま、ジムへ向かうことができる。
     また少し人数が増えたが、ロープのスペースはあり、網マスク着用で、順調に行う。しかし、速度は140程度。
     シャドーで肩先導1ラウンド、肩先導のマッ2ラウンド、カウ1ラウンド。
     サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。
     もっと「ゆっくり」動作を大きく、の課題は、まだ実行できていない。
     テッは、単発でも連打でも浮上の感じが良くなった。もっと力を抜きたい。
     カウは、前回の反省を踏まえ、1回ごとに間合いをとることができた。
     課題の克服は、30パーセント程度か? 上出来だろう。
     サンドバッグでマットロンクワー1ラウンド、マッタワットクワー1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、カウ1ラウンド、トイトーン2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 18:33 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE