<< 休養後の練習は、心身ともに快適 | main | 編集作業で正しい動きを明確に注入してからシャドー >>
0
    ミットで各技の問題点を確認
     好調時に休養し、調整のみに抑えた昨日の効果は、今日の練習にどう影響するか?
     ロープから開始。
     前回のような油断を避け、網マスク着用。冒頭は少し違和感があったが、すぐ気にならなくなり、速度が上昇。常に146以上を維持し、2ラウンド目には150に至った。
     シャドーは肩先導の歩法を1ラウンドのみで、ミットへ。
     ミットはウー先生。
     前回と同じく、後ろ肩先導を思い切り使うが、少し焦りが生じて、動きが小さくなった。もっと「ゆっくり」動こう。
     テッは浮上ができているが、連打になると浅くなる。横入れを大きくする。
     カウは連続して蹴ると、間合いが近くなる。1回ごとに離れて間合いをとり、遠くから蹴るようにしよう。
     サンドバッグでマックワー2ラウンド、テッサーイは肩先導が好調で4ラウンド、カウ2ラウンド、トイトーン1ラウンド。
     シャドーは、踏み込み重視のトイトーン1ラウンド、カウ1ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:48 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE