<< 絶好調だからこそ休む | main | ミットで各技の問題点を確認 >>
0
    休養後の練習は、心身ともに快適
     十分に休養をとった感覚をもって、夜に1階道場でシャドー。
     まずは肩甲骨発動を「肩→肘→返し」と確認しながら1ラウンド。
     肩先導の歩法1ラウンド。
     いよいよマットロンクワーを加えて2ラウンド。マッで肩甲骨がうまく前に出ると、自然浮上が生じる。
     カウサーイ1ラウンド、カウクワー1ラウンド。やはりクワーの前方落下や逆行が良好。この感覚を保持ししてサーイにも伝搬させるべく、もう1ラウンド。
     テッサーイ1ラウンド。肩先導があると、動きが楽に、しかも速くなる。
     トイトーン1ラウンド。十分な落下を目指す。
     全体的に良好で、動いていて気持ちがいい。
     五行の気で終了。
    | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 21:13 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE