<< 肩甲骨発動と足の無反動化を重点的に行い、最後は後ろ肩先導の疑問が解消される | main | カウの踏み込みを変えて動きやすくなる >>
0
    ミットで後ろ肩先導を指導され威力が向上
     練習に専念できる日だ。電車に乗る前、昨日の肩甲骨発動について確認していたら、こうして考えているから不安になるのだ、と考えるのを中止する。我ながら、良い状態だ。
     ジムは少し人が戻ってきたが、以前の日曜ほどの人数ではない。
     シャドーから開始し、後ろ肩先導のマッ2ラウンド、カウ2ラウンド。
     サンドバッグはアップで1ラウンド。
     ミットはウー先生。今日は2ラウンドのみ、と言われる。
     意外にも、後ろ肩先導を指導された。「腕が横に流れている」との指摘。横に流れると中心軸の回転運動になってしまう。顔面をガードする形で前へ大きく出す。これが理想的な後ろ肩先導だ。これによって、マットロンクワーもマッタワットクワーも強力になり、先生の反応が良かった。
     後ろ肩先導は、他の技にも波及して、カウの伸びが良く、これも先生から高評価。
     しかし、テッには活用できず、連打は浅くなってしまった。
     サンドバッグで、後ろ肩先導のマッを復習して2ラウンド、テッも後ろ肩先導を使って2ラウンド、カウ2ラウンド、トイトーンサーイ2ラウンド。
     サンドバッグは合計10ラウンドに達したので、シャドーは行わずにしゅうりょう終了。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:04 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE