<< シャドーは、肩甲骨の動きを大きくすることを目的にソークから | main | ボディ打ち達人になる日は近い? >>
0
    ミットはテッタンが多く、ソークの指導も
     シャドーから開始。
     後ろ肩先導のマッ各種2ラウンド、カウ1ラウンド。
     サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。
     後ろ肩先導は、より動きやすくなった。
     今回は、なぜかテッタンが多く、良い感じで蹴ることができ、先生の反応も良かった。
     テッカーンは、単発は浮上など良好だったが、連打はまた浅くなり、改めて修正が必要となった。
     カウは、先生にも好評。
     ソークは、ガードを詳しく指導された。
     サンドバッグでソークの復習2ラウンド。
     テッサーイ3ラウンド。2ラウンドの後半から後ろ肩先導が有効に機能して、全体の落下から浮上が良くなった。
     カウ2ラウンド。膝の痛みは生じず、体重の乗る感覚が少し理解できる。
     シャドーで、後ろ肩先導の歩法を、前後の歩幅を最大にして2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 21:04 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE