<< 後ろ肩先導がテッに機能して浮上が生じる | main | シャドーは、肩甲骨の動きを大きくすることを目的にソークから >>
0
    ミットで後ろ肩先導が実行できる数が増える
     ロープから開始。重くて長いロープだが、140台を回復し、2ラウンド目には150に達する。網マスクは、ロープ中でも呼吸に問題なし。
     シャドーで後ろ肩先導のマッ3ラウンド、カウ1ラウンド。
     ミットはウー先生。
     マットロンクワーの後ろ肩先導は、実行できる数が、さらに増えた。威力も感じる。
     テッの連打は、浅くなる。次回は、横入れを大きくするよう、修正だ。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ3ラウンド。
     シャドーはカウ中心に2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 20:23 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE