<< カウは、右の方が表層筋を弛緩させて前方落下が自然にできる | main | 後ろ肩先導がテッに機能して浮上が生じる >>
0
    マッンガとマッタワットの受け・ソークンガとソークウィヤンの撮影
     ウィラサクレックジムの撮影3回目。
     今回は、マッタワットとマッンガの受け、ソークンガとソークウィヤン。
     受けは、足の踏み込みが重要になることを教えられる。この前進があれば、確かに相手の攻撃は入りにくく、つぶしていける。
     ソークは、体を大きく使うこと、特に胸を中心にした上体の伸びが最も重視されることを、これも初めて教えられた。
     一連の撮影による収穫は、どんどん蓄積されていく。
     このままいくと、本当に確実に強くなれる気がしてきた。
    | ムエタイ取材と練習 | 20:57 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE