<< 川嶋先生の崩導で学ぶ肩甲骨の動き | main | カウは、右の方が表層筋を弛緩させて前方落下が自然にできる >>
0
    ミットでは、後ろ肩先導のマッが実行しにくい
     昨日は盛況だったので、日曜の今日も、人は多いだろうと思っていたら、平日以下に減ってしまった。
     生徒でなく、先生がフロアでトレーニングをしているので、邪魔をしないように、リングへ上がってシャドーから。後ろ肩先導のマッを3種の歩法で各1ラウンド、カウ1ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。後ろ肩先導のマッは、前回と同じくラウンドの序盤だけ実行できる。もっと頻度を高めよう。マッンガ2連打は、大きく動きたかったが、速く2発目を構えらえるので、腕使用の小さい動きになってしまう。
     テッは、横入れが実行できた。
     網マスクは、かなり慣れて、違和感が、ほぼ消える。もちろん、呼吸に支障はない。
     サンドバッグで後ろ肩先導のマッ2ラウンド、後ろ肩先導のテッサーイ2ラウンド。
     シャドーでカウ3ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE