<< 昨日の復習により、動きがより良好になる | main | 力を抜いて後ろ肩の重みに連られると、落下が良好になる >>
0
    金属網のフェイスマスクで呼吸の妨げを解消
     マスクによる呼吸の支障を消すため、金属網のフェイスマスクを初めて使用。鼻や口との距離があるため、マスクが張りつく心配はない。しかし、頬への圧迫感や、動作ごとの揺れは生じる。しかし、呼吸の妨げに比べれば、それらは問題ないに等しい。しかも、続けるうちに気にならなくなっていった。このフェイスマスク利用は、正解だった。
     シャドーは、月曜の後ろ肩先導を復習しながらマッ3ラウンド、カウ2ラウンド。
     ミットはウー先生。後ろ肩先導を使うと、威力が確実に向上する。しかし、連続した動作の中だと、大きく行っている余裕がない。
     4日を空けてのミットであるためか、力みが生じて、各技の動きが芳しくない。
     しかし、2ラウンド目から脱力でき、動きが戻った。
     サンドバッグで後ろ肩先導のマッ2ラウンド、テッサーイも後ろ肩先導を使って2ラウンド、カウ1ラウンド。
     シャドーは、カウ中心に2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 19:41 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE