<< シャドー中心 | main | 昨日の復習により、動きがより良好になる >>
0
    ウィラサクレックジムでの撮影を通して「奥技」を学ぶ


     ウィラサクレックジムで「達人になる!ムエタイ奥義全公開」の撮影。
     ウィラサクレックジムでの取材は、練習も兼ねることが、ほとんど。
     今回も、会長に肩を前に出すマットロン、マッタワットなどを指導していただきながら、シャドーとミットを、かなりの回数行うことができた。
     後ろ肩を前に出し、その先導により足が前に出る。
     前手は引かずに位置を変えないまま、後ろ肩を出す。
     胸や肩の力を抜いて後ろ肩を前に出す。
     後ろ肩を前に出す動きは、マットロン、マッタワット、さらにはカウやテッなどに応用が効き、この動きを行うことで、相手に読まれにくくなる。
     こうした注意点が、初めて理解でき、動きが明らかに変わった。
     今回の撮影を通して、自分が達人になれそうな気がしてきた。
    | ムエタイ取材と練習 | 21:38 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE