<< 肩甲骨片方上げによってマッは無限に動ける感覚 | main | だらだらモードで練習すると、気持ちが良く、動作が精緻になる >>
0
    肩甲骨片方上げが蹴り技のワンツーを可能にする
     ロープから開始。140台に達したのは、3ラウンド目の数分程度。広背筋の力みを感じ、疲れさせてしまえ、との意識で続ける。
     シャドー1ラウンドのみで、ミットへ。
     ミットはウー先生。
     肩甲骨片方上げが、マッに活かされていることを感じる。特にマッンガへの適用が向上した。
     カウは前後もたれかかりが良好。骨盤片方上げは不十分。
     テッは急いでしまい、落下・浮上とも十分な動きにならなかった。
     サンドバッグで、肩甲骨片方上げのマッ2ラウンド。
     サンドバッグで、落下重視のテッサーイ3ラウンド、マッからのテッ1ラウンド。
     シャドー2ラウンド。ティープは骨盤片方上げが重要だが、肩甲骨片方上げを使うと、骨盤も動く。肩甲骨片方上げを、マッと同じ流れで右から左へ移すと、ティープクワーからテッサーイ、あるいはカウサーイへのつなぎが良くなった。これで、蹴り技のワンツーが可能になる。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:17 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE