<< カウは骨盤片方上げで向上するが、歩法に問題 | main | テッの落下と垂直上昇のタイミングがうまく合い始める >>
0
    カウの歩法落下を実行でき、マッやテッの落下も促進される好循環
     昨日は、力が抜けていることを感じたが、今日は一転して、ひげそりや歯磨きなどの日常行為で肩に力が入っていることに気づく。
     しかし、力が入っていることに気づくことが重要だ。
     気づいて肩の力を抜くと、心身ともに楽になる。楽になると、楽しくなる。
     肩の力が抜けて楽になっているはずなのに、ロープを開始すると、肩に力が入ってしまう。意図的に力を抜くように努めるが、これがかえって力みになるような気もする。
     2ラウンド目で140回/分台を回復したが、すぐに130へ落ちてしまった。
     シャドーはマッ2ラウンド、カウ2ラウンド、テッ2ラウンドと入念にでき、サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはドン先生。
     今回の課題は、カウでの歩法脱力。意外にも序盤から成功し、威力を感じる。しかも、マッやテッなどの脱力も促進され、良いことずくめだ。
     10連打も、昨日と同程度に良好。欲をいえば右の横入れをもっと大きく、といったところか。
     女子高校生とマッのみスパー5ラウンド。ガードを固めたところから、強いワンツーがくる。特にマットロンクワーが強く、試合では相手をKО寸前にしていたので、絶対に油断できない。
     良好な集中を維持し、特に3ラウンドの終盤からは、動きが速くなり、4・5ラウンド目では、つなぎやボディなども試すことができた。
     相手は速くて威力もあるが、左も右も予備動作があるため、集中していれば、もらうことはない。しかし、攻撃の後や、後退しすぎてロープに詰まって動きを止めると、左が入ってくる。2、3回左をもらった。精神の集中と身体の動きを絶対にとぎらせてはならない。
     サンドバッグでテッ2ラウンド。
     シャドー2ラウンドで、骨盤片方上げと前後もたれかかりを確認してクールダウン。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 20:37 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE