<< 記念日にウィラサクレックジムで練習できる感慨 | main | スパーで、いいところなく攻められ続ける >>
0
    脇を使う動作によって強力になり、他の動作にも効果が生じる
     ジム内は大盛況!に見えたが、K-1の計量に備え、選手やマネージャーたちが出発前に待機しているためで、練習している人は少ない。
     そのため、ロープから開始。今回は、短めのロープを使い、速度は140回/分に戻った。
     シャドー4ラウンド。
     ミットはウー先生。
     昨日の動画を見た上での修正点は…

     テッ連打
      腕振りが小さい
      腕振りがフレーム外に出ている
      数が増えると、脇が開く

     マッンガ
      脇引き伸ばしと脇湾曲を使う

     これらを実行することが課題だが、マッンガの脇引き伸ばしと脇湾曲のみが、どうにかできた程度。これによって、マッンガが強力になり、他のマッやテッやカウの骨盤片方上げにも効果が生じた。
     サンドバッグで骨盤片方上げのマッ2ラウンド、テッサーイ3ラウンド。
     マッの攻撃のみスパー3ラウンド。接触した部分を動かさずに他を動かして攻める、大きく遅く動いて攻める、内側を攻めておき一転して外側から攻める、などを実験でき、良い内容になった。
     続いて足技のみスパー3ラウンド。マッがないと、なぜか、ほとんどの攻撃をカウバンできる。そこから、すぐ返し。徐々に返しのタイミングが早くなり、テッタンのカウンターに移行できた。ここでこそ、カウを多用すべきだったが、なかなか出せず、3ラウンド目の終盤になって相手をロープに詰めてから、少し出すことができたが、ヒットには至らず。先は遠い。
     クランチ10回3セット。
     シャドーでカウ2ラウンド。前後もたれかかりと骨盤片方上げが、うまくは移行されてきた。良好な状態で終了できた。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 14:54 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE