<< シャドーで各種動作の確立 | main | 脇を使う動作によって強力になり、他の動作にも効果が生じる >>
0
    記念日にウィラサクレックジムで練習できる感慨

    M-ONEの勝利者トロフィー。「ウィラサクレック・ウォンパサー著「日本人に伝えたいムエタイ」ベストセラー記念 フル・コム取締役自ら実践するとこうなるよ!特別試合」のタイトル文は笑えて泣ける傑作です!


    ミットのテッは少し浮上ができました


    スパーでのテッサーイ。カウを入れることが課題でしたが、カウを入れようとしてテッに変化すると、深く入ります


     3月20日は、私がM-ONEで、新たな人生を生き始めた記念日。この日に、ウィラサクレックジムで練習に臨めることは、特別な感慨がある。
     休日なので、人は多めだが、ロープを行うスペースはあり、ロープから開始。やはり新しくて長くて重いロープは、動かしにくく、130回/分台が続く。上腕疲労は、後半に意識されなくなった。
     シャドー4ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。ゴンナパー氏の「楽に、楽に」の言葉が良好に作用して、力みが生じない。マッは落下が少しでき、テッは浮上ができている。カウは前後もたれかかりを思い切り実行したつもりだが、果たして、どこまで活かされたかは判断できなかった。
     スパーは、マッサーイのうまい人と3ラウンド。片手を接触させておいてから、もう一方の手で、大きく遅い動作で攻撃すると、入りやすいことを何度も確認できた。課題であるカウは、まだ入れない。しかし、もう少しで届く、という場面は何度かあって、わずかな進歩は感じられた。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッ3ラウンド、マッとテッの複合1ラウンド。
     シャドーでカウの前後もたれかかりを中心に2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:55 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE