<< スパーでカウに入れない | main | 久々のウェイトなので軽くても効くのだが、ベンチは少し重めに >>
0
    スパーでカウを使うことを最大課題とし、間合いには入れたが届かない
     昨日と一転して暖かくなり、反動で人がいっぱいかと思ったが、2組がミットを行っているだけだ。
     余裕でロープを始めたら、ゴンナパー氏とアユタヤファイトクラブの2人がランニングから帰って突然、狭くなる。遠慮してロープを中断してもよかったが、せっかくなので最後まで続ける。
     彼らがスパーを始めたので、見学と撮影。激しい攻防に見入りながら、シャドーでカウ2ラウンド。
     ミットはドン先生。ウー先生は、スパーの相手をしていて、ミット担当はドン先生だけのためか、2ラウンドに限定。そのせいか、かなり集中できた。テッの上体後傾と骨盤片方上げ、カウの前後もたれかかりと骨盤片方上げなど、良好な動きができ、威力を感じる。
     最後は10連打を左・右・左・右で激しく疲労はするが、すぐに回復して自然落下ができる。右の横上げも良好だった。
     すぐにスパーへ。今回はカウの使用が最大課題。川嶋先生には「何かをしようと思わない。何も考えない」で戦うことを教えられていたが、今回ばかりは「カウを出す」と思って動かねばならない。
     基本通りに腕の動きを使いながらカウを出すが、やはり届かない。しかし、カウから、すっぽ抜けるようにして伸びるテッが深く入る。かなり強烈で、以後は遠慮して使用を制限した。
     マッサーイのうまい相手と2ラウンドを行ってから、フェイント巧者の先輩と2ラウンド。やはりカウを狙い、あと少しで届く、という段階へ進めた。
     詰めて強いマッを出してくる大型の相手には、前に出てカウを狙い、やはりテッとなって入る。間合いに入ると、パムになって転がされる。ここでも、入るところまではできた感じがする。次は届かせることだ。
     スパーは合計5ラウンドで終了。
     ジム内は人がいっぱいになったので、シャドーも行わず退出。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 19:35 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE