<< 各種動作の確認を進める | main | スパーでカウを使うことを最大課題とし、間合いには入れたが届かない >>
0
    スパーでカウに入れない
     雨で、しかも気温が低い。さすがに今日は外出したくない気分が起きたが、そんな気分に任せてはいられない。
     ジムは人が少ないことを確信していたら、意外な盛況。K-1に出場するアユタヤファイトジムの選手たちがいるためだ。こんな強い人たちが、すでに練習していることに、やる気が高められる。
     ロープは行わず、シャドーから。マッ1ラウンド、カウ2ラウンドで、体が温まり始めたところで、ミットの指示。
     ミットはウー先生。
     ムチミに続いて、蹴りのチンクチを思い出して蹴ってみると、威力の向上を自覚できる。これはいい。
     マッは、昨日より落ち着いて落下の実行を進めることができる。
     カウは、前後もたれかかりを思い切り駆使してみるが、向上につながったかどうかは不明。
     サンドバッグでテッ1ラウンド。
     スパーは、軽量級の人、フェイントのうまい先輩、相対動作の先輩を相手に2周。
     ドン先生から、カウで徹底して攻めるよう、指示される。前回のミット動画を見て、山田編集長に言われたことと同じだ。しかし、入れない。カウの実用するための研究が急務となった。
     相対動作の先輩とだけは3ラウンド。1・2ラウンドで、カウを多用するためパムの展開が多くなり、転がされていたが、カウを実用できる段階へ上がるため、この人との対戦を避けるわけにはいかない。しかし、このラウンドも要所で転がされ、強烈に叩きつけられて、マッをもらったときのようなダメージを負ったほど。
     終了後、パムにおいて姿勢を安定させること、大きな動作で攻撃しないことなどを個人指導してもらった。
     シャドーでパムからの小さな動作のカウを中心に2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 19:53 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE