<< スパーでマッのコンビネーションに後退させられ完敗 | main | 意図的に不安を解消できる段階へ >>
0
    昨日以上に良好な内容のミットとなり、向上が感じらえるのは最高の気分だ
     ロープから開始。肉体は弛緩できているはずなのだが、精神の集中が甘いようで、速度が低いままだった。
     シャドーは、マッ2ラウンドで落下と骨盤片方上げ、カウ1ラウンドで骨盤片方上げ、カウとテッの複合2ラウンドで骨盤片方上げを確認。すでに動作は確立している。
     ミットはドン先生。昨日と同じくカウを前後もたれかかりで行い、手応えを感じた。先生からは、ミットとボディプロテクターの両方へ当てるように指示を受ける。指示を実行しながら、昨日以上の回数をこなした。
     テッは上体後傾が良好で威力を感じるが、中盤に疲労のため、横入れなどの動作が甘くなった。回復はしたが、回復までの時間を極限まで短縮したい。
     連打は、5で上体が直立してしまったが、全体の動きは良好。上体を後傾させたまま浮上と自然落下を実施できるようにしよう。
     昨日以上に良好な内容のミットとなった。
     サンドバッグで、カーンを中心としたマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド。
     プッシュアップ12回、6回、4回、4回、4回。
     クランチ&レッグレイズ12回、5回。リバースクランチ12回。
     シャドーで、カウとテッの骨盤片方上げを復習。
     昨日よりも向上が感じられるのは、最高の気分だ。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 16:27 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE