<< 精神の集中と肉体の弛緩が同時進行できる段階へと進む | main | 骨盤片方上げが良好で、やる気が高まる >>
0
    ミットなしでスパー10ラウンド
     昨日よりは、少し人が増えて、通常の日曜に近くなった。
     それでも、ロープのスペースはある。昨日のスパーで得た「精神の集中と肉体の弛緩」を同時進行させようとしたが、精神の集中が維持できなかった。
     シャドー1ラウンドのみで、スパーへ。
     最軽量の人と延々10ラウンド。
     前半は通常ルールで5ラウンド。
     相手の身長が低くでも、下からの攻撃は有効だろうと試してみるが、うまくいかない。思い切って上からの攻撃に転じると、入りやすい。やはり相手の体形によって選択すべきなのか。
     2ラウンド目までは試行を中心とし、3ラウンド目からは自由に動く。
     相手の警戒が厳重で、適切な間合いからの攻撃でも、単発では入らない。攻撃を重ねて押していくと決まる。しかし、これを続けていると、大きい方の人間が体に任せて押しているような感覚になると思われ、多用はしない。
     6ラウンド目と8ラウンド目はマッのみ、7ラウンド目と9ラウンド目は足技のみとして変化をつけるが、おおまかな流れは変わらなかった。
     最後に、通常ルールで、もう1ラウンド。最後は白黒をつけておこう、と攻撃をつないでのテッサーイを数回決めてポイントを確実にとった。
     サンドバッグで、相手に警戒された場合のテッサーイを確認。少し上にして腕を蹴れば解決だ。こうした基本的なことが、スパーの最中だと気づかない。サンドバッグのテッは3ラウンド。
     シャドー1ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、スパー、パム、サンドバッグ) | 18:55 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE