<< 前後もたれかかりによってカウの技術が向上 | main | ミットで課題実行は不十分・スパーは動き続けて万全の対応 >>
0
    閑散としたジムにてスクワット中心
     スタジオレッスンがすべて中止となり、閑散としてジムは、使い放題かと思われたが、フリーウェイトのスペースに人が集中していた。

    大腿
     スクワット20キロ16回2セット、40キロ8回、45キロ6回3セット、40キロ8回3セット。重量を抑えて集中できた。
     スプリットスクワット20キロ左前8回3セット、右前8回3セット。右前は効かない、と思われたが、前後の幅が広すぎた。2セット目から少し狭めて刺激を回復。


     ラットマシーンプルダウン32キロ9回2セット、41キロ6回
     プリーロウ22.5キロ10回2セット、31.5キロ9回

    五行の気、骨盤片方上げの落下左右30回、浮上左右各30回2セット、舒筋法
    | ウェイトトレーニング | 20:46 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE