<< サンドバッグでもたれかかる動き・ミットはテックワー連打で浮上と自然落下ができ始める・スパーは受けに回ってしまう | main | テッスーンで動作の向上・スパーでマットロンサーイにテンカウのカウンターをもらう >>
0
    受けの動作で固まる・単発だと予備動作が生じる これらの修正が次の課題
     土曜日らしく、ジム内は盛況。ロープは行わず、シャドーでマッ2ラウンド、カウ1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、テックワー1ラウンド。シャドーの段階で、骨盤片方上げ、自然落下などが良好。
     ミットはウー先生。
     高速回転のマッは、少しだけ落下ができた。
     テッの単発は、上体後傾、横入れ、自然落下などにより、威力を感じる。
     連打では、右の横入れが大きくなってきた。
     しかし、すべての技を通じて、骨盤片方上げが、目標より小さくなっているので、継続して修正をしていこう。
     サンドバッグなしで、スパーへ。
     フェイント巧者の先輩、クルーザー級の専門学生、マッサーイのうまい先輩、最軽量の人、と明らかにタイプの異なる4人を相手に2周。
     フェイント巧者の先輩には、間合いを詰めることができずにティープやマッンガなどで先手をとられ、先週のような攻防ができなかった。
     クルーザー級には、1ラウンド目に重いマッを2回ほどもらい、以後は動きを止めずに応戦し、2ラウンド目では間合いを詰め、テッサーイをカウンターでも先手でも決めることができ、勝利感を味わう。
     マッサーイの先輩にも、やはり間合いを詰めてテッサーイ、軽量級の人には動きを止めずマットロンサーイなどのカンターを決めることができた。
     全体を通じて、受けの動作で固まることに気づく。幸い、そこからの追撃がくることはなかったが、受けて固まるから、攻撃の止まらない相手には、もらってしまうことになる。受けても動き続ける。これを実行していこう。
     もう1点、単発で攻撃しようとすると、予備動作が生じやすくなる。予備動作が生じることに自分で気づき、攻撃をやめてしまっていた。コンビネーションではないのだが、攻撃をつなげていると、自然に技が出て、決まる傾向が強い。次回は、攻撃をつなげることが、もうひとつの課題だ。
     気温が上がり、汗が止まらないので、スパー終了後は、シャドーも行わず、見学のみで終了。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 14:46 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE