<< 日曜の練習が軽かったので、余ったエネルギーを注ぎ込む | main | 大腿はマシーンに専念し、膝の痛みが消えてしまう >>
0
    ミットが充実、スパーで勝利感、最高の気分
     休日にしては、人が少なめなので、ロープから開始。150回/分には達しないままだった。
     シャドー5、サンドバッグ1
     ミットはドン先生。カウの骨盤片方上げ、テッ連打の膝入れ、腕振り、上体後傾などは意識して実行できた感じだが、撮影をしていないので、客観的には、どうなっているかわからない。
     10連打は、左は良好、右は肩の力は抜いたが、自然落下ができていない。
     サンドバッグでテッサーイ2ラウンド、テックワー1ラウンド。右脛がまて切れたので、終了。
     マッの攻撃のみスパー3ラウンド。各ラウンドごとに、肩出し、その場落下、骨盤片方上げを行って動作向上につなげる。
     シャドー1ラウンドで終了しようとしたら、足技のみのスパーを依頼され、4ラウンド。前半では、マッが無意識に出てしまい、カウンターが決まる場面もあった。反射的に動けるのは良いことだが、ルールは守らねばならない。
     後半は、完全にマッを捨てることができ、マッの間合いから上体後傾しながら蹴ることができた。マッでやられる心配がなく、安全に間合いへ入れるので、とても楽だった。しかも、ヒット率が高い。勝利感を味わって終了。
     これで終わりかと思ったら、今度は高校生とスパー2ラウンド、やるかやられるかの緊張感をもって集中度を高め、良い内容になった。テッタンやマッが入ると、表情には出さないが、明らかに反応が感じられる。今後は、脆いところを攻めていっても良いだろう。
     ミットの充実、スパーの勝利感など、一昨日とは一転して最高の気分で終わることができた。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:06 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE