<< スクワットでしっかり効かせたが、二頭筋は実行できず | main | 主要動作を単独で行い、理想の技へ近づく感触 >>
0
    ミットでラウンドを通じて脱力することが新しい課題
     通常の日曜らしく、ジム入りすると、すでに人が多く、ロープは中止。
     シャドー3ラウンド、サンドバッグでマッのみ3ラウンド。
     ミットはウー先生。前回の出来が良くなかったので、挽回したい。しかし、その意識が力みにつながってはいけない。
     マッは高速の指示に応じる自分の速さを感じることができたが、落下は不十分だった。
     テッは逆に浮上ができ、威力を感じる。
     2ラウンド目、3ラウンド目とも序盤は脱力でき、攻撃の重さを感じる。これが、どこまで続くか自分で確認してみる余裕がある。1分くらいで疲労が生じて力みが出てくるようだ。脱力をラウンド中継続できるようにすることが、新たな課題となる。
     サンドバッグでマッ2ラウンド。
     スパーは、位置取りをきっちり行って、前回のようにマッンガをもらったりすることはない。ほとんどの攻撃をかわし続けることができたが、それは距離を保っているゆえ。自分のテッ攻撃を近づいて出さねばならないので、1ラウンド目は2度ジャップされてしまう。2ラウンド目は届かず、3ラウンド目になって、やっと強烈にヒットした。
     全ラウンドを通して、位置取りは正確になって、かわしが向上したものの、自分の攻撃を出せなくなっていた。これを次回は修正する。
     シャドー2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:00 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE