<< シャドーでも、骨盤片方上げ・自然落下などの課題に専念 | main | マッの身体操作を複合するのが難しい >>
0
    大盛況下のジム練習は、シャドー・ミット・スパー・サンドバッグとも中途半端に
     日曜のジムは、最初から盛況。ロープの場はなく、シャドーから。狭いので、ゆっくり動いて各身体操作の確認に努め8ラウンド。
     ミットはラーシーシン氏。位置が高いので、テッが浅い感じがする。マッは落下などの課題を実行できなかった。人が多いので、2ラウンドのみ。力みがとれないまま終わってしまった。
     両方の脛を切ってしまっているので、サンドバッグはマッのみ。落下→無反動化→骨盤片方上げを段階的に行って2ラウンド。
     マッの攻撃のみスパー3ラウンド。これも狭いところなので、全体が中途半端な動きになってしまった。
     人はどんどん増え続けるので、執着することなく早々に退散。こんな日があってもいい。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 19:25 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE