<< 断食明けで、体をもっと動かしたい!欲求 | main | ミットで高速回転マッの落下・スパーで位置取り・サンドバッグで各種身体操作 >>
0
    体調管理十分で臨む初日練習はミットなど好調ながらも、サンドバッグで怪我という不覚
     ウィラサクレックジム今年初の練習。昨年は、年明けが不調だったので、休業中は断食をしながらも体調を入念に管理し、昨年の日記を読み返して状況を確認するなどし、万全の態勢で臨む。
     この期間に落ちていないだろうか?と思うのではなく、この期間に充填して余りあり、いくらでも動ける!という心境にもっていけた。
     昨年の初日と一転して、人が少ない。余裕でロープを行い、数は135回/分くらいだが、快適に持続できた。
     人数が少ないだけに、シャドーは1ラウンドのみで、ミットはウー先生。
     最大の課題である骨盤片方上げの意識は確認できるが、威力につながっているかどうかが実感できずに終わる。
     マッは高速回転の中、落下が不十分だった。マッの骨盤片方上げは、ラスト30秒の連打で、やっと実行でき始めた程度。
     連打は、戻り脱力が少しでき、膝入れがが自然にできた。連打のみ、意外な好調。しかし、腕の振りなど、修正すべき点は、まだある。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。テックワーを終えてサンドバッグを見ると、血がついている。まさか?と自分の脚を見ると、治りかけの傷が、また切れてしまって出血している。
     サンドバッグでのテックワーは、これで中止。
     テックワーは使わずに試合想定を4ラウンド。この段階から、体が軽くなった。骨盤片方上げが実行でき、浮上しながら威力のある蹴りになっている感じがする。
     スパーで試したい気持ちは大きかったが、出血しているため、大事をとって、そこまでにしておく。
     明日は、傷口を十分に保護してスパーを行いたい。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:44 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE