<< ロープ中に生じた痛みを消す・昨日の動画から得た反省点を修正 | main | パンプセットから始める予定が、いきなり筋肥大セットに >>
0
    骨盤片方上げが、マッ、カウ、テッそれぞれに有効であることを実感
     年末なので、人が多いか?少ないか?可能性は半々と思いながらジムを見ると、誰もいない。また一番乗りだ。
     ロープは、いつも使っている物が切れてしまい、新しい物に変えると、腕に疲れ。速さも落ちた。しかし、腕の疲れを脱力に活かしたい。
     シャドー4ラウンド。
     ミットはドン先生。骨盤片方上げができると、テッの威力が上がることを感じる。先生の反応も良い。
     3ラウンドを終えて、延長になり、10連打を左右各2セット。浅いと感じたので、ブアカーオ氏の連打を思い出し、腕の振りを修正して大きくすると、少し良くなった。連打でも、動作を小さくしてはいけない。大きくすることによって、動きやすくなる。
     サンドバッグでマット1ラウンド。マッタワットでも骨盤片方上げを行うと、強力になり、次へのつなぎも良くなることがわかった。テッサーイ2ラウンド、マッからのテッサーイ2ラウンド、試合想定で1ラウンド。課題の垂直上昇から水平膝入れは、ミットでは実感できなかったが、ここで実行できた。
     挙上落下スクワット20回
     挙上浮上スクワット20回
     下垂落下スクワット20回
     下垂浮上スクワット20回
     今週は、下半身のウェイトができないので、それを兼ねて内発動トレーニングを行うが、さすがにミットとサンドバッグの後では、20回でも非常にきつかった。
     シャドー3ラウンド。カウの骨盤片方上げが、つかめ始めた。前進せずにその間でエレファントステップし、骨盤片方上げを行うと、膝が自然に前へ出る。タイ人の身体操作は、これだったのか!と感じる。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 19:16 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE