<< ゲーオ氏、ゴンナパー氏と同じ練習を一緒に行える名誉 | main | 胸はベンチとマシーンで、重量と回数を多様に >>
0
    短縮で行うが、格となるミットにより充実
     会社外での会議があるため、早めにジム入り。練習時間も短縮しなければならない。
     練習時間を短くするので、逆にロープは4ラウンドにする。
     シャドー1ラウンドのみで、ミットへ。
     ミットはドン先生。冒頭は、テッの可動域が狭く、浅い蹴りになってしまったが、すぐに回復。後傾、骨盤片方上げなどを実行でき、威力を感じた。マッはトロンのみだったので、落下も良好。しかし、もっと落下できる。久しぶりの10連打は、戻り脱力ができるようになってきた。戻り脱力を促進させて、もっと向上させよう。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、テックワー1ラウンド。膝折を実行でき、威力が向上。
     予定の時間に近づいたので、欲を出さずに以上で終了。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 12:54 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE