<< ミットでマッの落下が不十分・スパーでは先週の失敗を払拭して勝利感を得る | main | 短縮で行うが、格となるミットにより充実 >>
0
    ゲーオ氏、ゴンナパー氏と同じ練習を一緒に行える名誉
     ロープは、ゲーオ氏、ゴンナパー氏と一緒に3人で同時進行。こんな名誉な時間はない。少し伸ばしたくなって4ラウンドにした。彼らは10ラウンドくらい続けていた。
     シャドーを入念に6ラウンド(テッ2、カウ1、テッサーイ2、試合想定1)。
     サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。横ではゲーオ氏がミット中。横目で見ながら、動きを真似る。カウの骨盤片方上げが、たいへん参考になった。正面を向いて蹴っているように見えて、骨盤片方上げを行っているので、膝が前に伸びていくわけだ。
     マッの速い回転に応じながらも落下を重視する。しかし、まだ不十分で中心軸ぎみになっている。
     テッは骨盤片方上げができつつあることを感じる。後半は戻り脱力も実行できた。それでも、連打は力が入ってしまう。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。
     フィストプッシュアップ20、10、10。クランチ12、50。
     シャドーでカウの骨盤片方上げを復習して2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:20 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE