<< 川嶋試論のシーソーを、ゴンナパー氏の動きで実感し、蹴りの諸問題を一挙解決! | main | システマで、打撃を逃しながらの反撃を学ぶ >>
0
    シャドー、ミット、サンドバッグで骨盤片方上げ。すぐ実行はできなかったが、少しずつでき始めた感覚はある
     骨盤片方上げを実行するため、朝から練習が楽しみだ。珍しい現象だが、これが理想だ。
     ロープを3人で同時進行。かなり高速を維持できた。
     シャドーは、冒頭でマッの脱力を行ってから、早速、骨盤片方上げを実行。3ラウンド行って、まだ実感がつかめなかった。
     ミットはドン先生。課題は、もちろん骨盤片方上げ。しかし、シャドーと同様、できている実感がない。理解はできているつもりでも、身体が覚えていないということか。反復練習が必要だ。しかし、実行に至らなくても、意識をするだけに、動きと威力が少し向上した感覚はあった。焦らず欲張らす、少しずつ進んでいければいい。
     サンドバッグでマッ2ラウンド。川嶋先生の動画編集でスローを作成し、動きを目に焼き付けておいたので、その模倣を続ける。
     サンドバッグでテッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。いずれも骨盤片方上げに専念。少しずつでき始めた。
     クランチ12回3セット、50回1セット。
     最後のシャドーも骨盤片方上げ。昨日と同じく、終了前のシャドーに至って、やっと実行できる感じがしてくる。これを明日につなげよう。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:37 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE