<< 動きやすく、いくらでも続けることができる感覚 | main | 川嶋試論のシーソーを、ゴンナパー氏の動きで実感し、蹴りの諸問題を一挙解決! >>
0
    脇湾曲は効果を発揮するが、テッの落下と浮上は不十分・スパーは前回より低下

    ゲーオ氏とブライアン氏が、試合さながらの激しいスパーリング。
    ウィラサクレック会長をはじめ、先生方、ゴンナパー氏ら選手たち、ジム内の全員が見守ります。


     2日を空けてのジム練習だが、以前のような不安はない。
     ロープは、2ラウンド目から高速化し、最後の1分は150回に達する。3ラウンド目は140回台を維持。
     シャドー5ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。脇湾曲の活用で、回転の速いマッが続いても、以前のような疲労はない。ただし、強い打撃による反作用に耐えるための力は必要で、これによる疲労は生じる。
     脇湾曲は、ソークで如実に効果を発揮し、威力の向上を実感。
     テッは、特に連打において、落下と浮上が不十分だった。思い切り落下できたとき、あるいは軽快に浮上ができたとき、明らかに威力が高まるだけに、落下と浮上は今後も重要課題として継続だ。
     サンドバッグでマッタワット2ラウンド。
     スパーは、毎週水曜日定例となった相手と3ラウンド。
     今回は、相手が先手を仕掛けてきて、序盤は見てしまったが、すぐ修正し、相手を見ず、動いて適切な位置取りを行うようにすると、後手に回ることがなくなった。
     しかし、テッの間合いに入れないまま、後傾なく蹴ってしまうと、かわされる。今回は、テッのヒット率は50パーセント程度だった。
     前回より、うまく行かなかった点を把握し、次回は修正しよう。
     サンドバッグでテッサーイの間合いと身体操作を確認し、2ラウンド。
     シャドー1ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:18 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE