<< 蹴り足の戻り脱力を実行でき、蹴り自体の威力と速さが向上 | main | 疲れを肯定すると、本当に疲れてしまう恐ろしさ >>
0
    戻り脱力が効果を上げつつある
     連続3日目になると、良い意味での惰性が生じてくるが、それ以上に、練習のことを考えなければ、平常心を維持することができる。
     惰性もいいが、平常心を維持できることが重要度は高い。
     ロープから開始。タイマーなしで時間と数を把握しながら12分。最小限の浮上で継続し、速度が高まった(140回/分)。
     シャドーはカウから始めて、カウ2ラウンド、テッ2ラウンド、マッ2ラウンド。このくらい行うと、求めている動きに近づける。
     ミットはウー先生。
     テッの威力を感じる。戻り脱力により、連打も良好。
     マッの高速回転により力みが生じて2ラウンド目は疲労したが、すぐに回復。
     ラスト30秒のマッ連打は、落下によって一打ごとの威力を高めるようにした。これまでは、数によって時間を把握する意識だっただけに、大きな転換だ。
     サンドバッグでマッタワット1ラウンド、ボディへの浸透勁1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、マッからのテッサーイ1ラウンド、テックワー1ラウンド、マッからのテックワー1ラウンド、テッ1ラウンド。
     フィストプッシュアップ8回3セット、ウォールクランチ100回。
     シャドー2ラウンドで復習とクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:44 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE