<< 壁前でテッを行い、良好な感触を得る | main | ディアムを行ってから足を上げ始めるのは間違いだという確信が生じる >>
0
    ミットで先生の反撃と前進が多いのは、上体後傾などの身体操作を練習する絶好の機会
     ジム一番乗りで、ロープから開始。3ラウンドに2分追加。1分130〜135回程度で、140回が回復できない。
     シャドーでマッ3ラウンド、カウ1ラウンド。
     ミットはドン先生。上体後傾が最大課題。序盤から良い感じで実行でき、威力を感じる。
     連打では、浮上はできていたが、落下・膝入れ・呼吸が疎かになった。これらを改善していこう。
     今回も、先生の反撃と前進が多かったが、近い間合いからのテッを出す絶好の機会だけに、焦らず感謝の気持ちを込めてテッを出すようにした。
     サンドバッグでマッタワット1ラウンド。
     カウバンの対人練習で相手を務める。
     1ラウンド目は、こちらが蹴って相手がカウバン。
     2ラウンド目は、相手が蹴り返し。スイッチしての蹴り返しが難しいようなので、落下などの要素を指導。
     3ラウンド目は、右と左を自由に出して、相手がカウバンして返し。こちらが、それをカウバンまで。
     サンドバッグに戻り、ボディへの浸透勁を1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。
     プッシュアップ9回、4回、3回、3回。
     シャドー2ラウンドで、身体操作の復習。
    | ジム練習(シャドー・ミット・スパー・パム) | 14:59 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE