<< 拳を相手の身体に「乗せる」ことを学ぶ | main | バランスを保たないが崩れない >>
0
    ミットは最近で最も良い内容だった
     日曜でも、早い時間なら人はまだ少ない、と思って通常より20分ほど早くジム入りすると、先着は8人!
     それでも、ロープのスペースはあり、快調に行う。
     逆にシャドーのスペースがなくて、マッ1ラウンドのみ行い、サンドバッグへ。
     サンドバッグでマットロン2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド、マッからのテッ2ラウンド、マッタワット2ラウンド。サンドバッグで10ラウンドになるのは珍しい。
     ミットは新しい先生。緊張するかと思ったが、最初のマットロンクワーで落下を意識するあまり、予備動作が生じてしまった以後は、緊張せずに弛緩できる。
     テッで先生の表情が変わり、ミットを違う物に替えた。威力があるから、と見なしてもいいか。少し誇らしい気分だ。
     この先生は、回転を速くせず、適度な間を保ってくれる。これが実にやりやすく、動きも向上した。
     もちろん、連打もあり、その時点では疲労するが「脱力だ」と思えば、すぐに力が抜けて回復する。
     最近では、最も良い内容のミットになった。
     先輩を相手に、マッの攻撃のみスパー3ラウンド。マッタワットを多くして、効用を感じる。
     ジム内は人でいっぱいになり、外でロープを行っている人もいる。このへんで退散だ。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:42 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE