<< シャドーで各種身体操作の確認 | main | 拳の重さを乗せる実験は、スパーでもミットでも大成果 >>
0
    力を入れず拳の重みだけで圧をかける
     ローリングから開始。
     プッシュアップで拳に血流を集めて圧が高まった感覚を保ちながら、相手に掌を「乗せて」圧をかけていく。押された方は、抵抗せずに圧を保ったまま後退する。これを、ナイフでも行う。
     掌やナイフ以外の身体に力が入ると、構造の変化が生じて、相手に察知されてしまう。
     しかし、拳の重さ、ナイフの重さだけで圧をかけていくと、身体に変化が生じないため、予備動作のない動きとなる。
     これは、格闘技においても必須だ。
     打撃に使用する部位を意識したり凝視したりすることなく、その重みだけを伝えれば、予備動作のない打撃ができる。
     明日のスパーで、ぜひ実験したい。
    | BUDO-STATIONシステマ | 13:51 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE