<< 疲労への対処は良好だが、各種身体操作が不十分、明日への課題 | main | 出発前に、ディアム、カウ、五行の気 >>
0
    ミットでもスパーでも課題が山積み
     久しぶりの土曜練習。
     13日に試合を控えたKOMA先輩がスパーを行うため、選手の人たちが揃っている。遠慮してタイヤ。ずっとディアムを続け、上体後傾が良くなってくる。
     シャドーは、先輩方のミットやスパーを見学しながら4ラウンド。
     ミットはウー先生。デッの垂直上昇や膝入れは良好で、威力を感じる。足の力みもない。
     しかし、回転の速さに応じるため上半身の力みが生じたしまった。
     連打では、連日の課題となっている落下と浮上が、またしても不十分。ただし、横上げは良い感じだった。
     水化も忘れていて、1ラウンド目では、久しぶりに内臓疲労が生じた。2ラウンド目の後半から、やっと水を思い出して、力が抜け始め、以後は疲労しても回復が早くなった。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッサーイ2ラウンド。
     スパーは、2人を相手に交代で計4ラウンド。右への移動に相手もついてきて、技が出しにくく、相手の攻撃を見て応じる形になってしまった。自分が位置取りをしようとすれば、相手は当然、それに対応する。次の手が必要な段階となった。
     テッサーイの数が少ない。踏み込まずに出せる練習を積んでいるのだから、もっと積極的に出していい。スパーでも課題が多く生じた。
     サンドバッグでテックワー2ラウンド、シャドー2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:26 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE