<< ベンチプレスはバーのみ20キロと軽量だが十分に効いた | main | 蹴る部位とミットの位置が合わない場合は、どう対処すべきか? >>
0
    連打で落下と浮上を忘れ、疲労に比例して力が入ってしまう
     気温が下がったので、ロープから。久しぶりゆえか、ずいぶんと中断が多かった。気温が低いとはいえ、汗は大量。
     シャドー4ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはトン先生。力みが続いて、特にテッは膝が伸びきるスナップ蹴りになってしまっている。次第に落ち着きを増し、力が抜けてくる。テッは右の方が膝入れが良好で、威力を感じた。
     2ラウンド目の10連打が、横回転になってしまったので、インターバルで「落下と浮上」と自分に言い聞かせる。
     3ラウンド目の連打では、落下と浮上が戻った。しかし、ラストから延長での10連打左右各3セットでは、疲労に比例して力が入り、最後の右では、速度と威力が低下した。久しぶりに次元の低い連打を行ってしまった。終了時の疲労も大きい。
     明日は、改善しよう。
     サンドバッグでマッ2ラウンド。横湾曲で威力と回転の速さを上げる。テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。ディアムの動きが小さくなった気がするので、シャドーで修正。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:39 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE