<< すべての技に共通した動作の練習とカビー・カボーンを使った古式の技 | main | ベンチプレスはバーのみ20キロと軽量だが十分に効いた >>
0
    こんな簡単なことに気づかなかったのか!
     日曜なので、混雑を避けるため、通常より20分ほど早くジムへ。もうミットが始まっているだろうな、と思いながらジムに着くと、先生以外、誰もいない。
     日曜の一番乗りは初めてだ。
     タイヤから開始し、ディアム中心。
     シャドー4ラウンド。この間に、フェイントとカウンターを得意とする先輩が1人。今日は、この人と一騎打ちだな、と思いながら動く。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッ1ラウンド。
     ミットはドン先生。前半のテッは膝が伸びぎみで、威力が感じられない。後半になって、ようやく角度が決まり、威力が高まった。
     2ラウンド目に、10連打開始。威力を保とうとして、落下と浮上が甘くなった。特に右は床を蹴ってしまっている。3ラウンド目ラストで左右左右の合計4セットを行い、ここでの右は少し着地時脱力ができた。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッタン2ラウンド、テッカーン1ラウンド。位置取り、垂直上昇と膝入れの角度などを入念に確認する。当たる瞬間の脱力は、後半になって可能になった。
     スパーは、先ほどの先輩と3ラウンド。初動のとり合いで神経戦だ。テッサーイの角度を変えたので、1回しかジャップされなかった。このときは、きっと角度が甘かったのだろう。
     このスパーにおいて、グローブとグローブが接している距離では、マッ、テッ、カウとも有効な打撃にならないことに気づく。こんな簡単なことに気づかなかったとは、我ながら驚きだ。この距離で届くのはティープのみ。理想的には、自分の手が届く距離になって、マッもテッもカウも入る。遠くからそこに入ろうとするから、踏み込んで相手に読まれ、カウンターをもらう。まっすぐ入らず、横へ横へ動きながら位置取りを行う。この位置取りが功を奏して、先輩は、やりづらそうだった。
     次の相手は、自分よりリーチがあり、ティープから入ることができない。逆に、相手は有効距離より遠くから攻めているので、テッはすべてカウバンできた。ただし、反撃につながらず、受けに回る展開で終了。
     先輩との4ラウンド目を行って、長身の相手と2ラウンド目。今度は、きっちり位置取りしてテッサーイを決める。そして、相手のテッに対しては、カウバンして返し。このラウンドは、必ず返しができ、我ながら良い内容だった。
     クールダウンのシャドーで終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 18:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE