<< 頭部横移動のマッと共通する身体操作のテッ | main | 胸は久しぶりにダンベルも使用 >>
0
    ミットで20連打を行っても疲労を感じないのは画期的
     涼しくなったので、ジムは大盛況!と思いきや、先着は1名のみ。スペースはあるが、タイヤから開始し、ディアム中心。
     シャドー5ラウンド、サンドバッグ2ラウンド。この間に、人はどんどん増える。皆、遅めに来るということか。
     ミットはモー先生。開始直後は力んでしまったが、すぐに力が抜け、マッ、テッとも威力を感じる。先生がミットを合わせる感覚が絶妙なので、気持ち良く打ち、蹴ることができる。回転が速くなっても、連打になっても、動きが滞ることがない。連打は、左で10、右は20行っても、速さと威力の低下がなく、しかも疲労を感じない。画期的だ。最高の内容でミットを終えることができた。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッタン1ラウンド、テッカーン1ラウンド。
     シャドー2ラウンドで、汗をひかせる。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 17:23 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE