<< 久々の内発動トレーニングは、身体操作の向上を感じる | main | 頭部横移動のマッと共通する身体操作のテッ >>
0
    脱力するだけで相手を崩せる驚き
     月1回のシステマ。
     ローリングは、手を使わない方法も行う。両手に物を持った状態など、さまざまな状況で、それぞれの難しさを感じた。
     足の裏全体に重心を均等にかけて立ち、そこからの歩行、さらには相手のプッシュによる圧に応じて動く。
     武術トライアルを参考に、それぞれのルールにおける、システマの方法を指導される。
     ルール1では、押し、組みが主となるため、組んだ瞬間に脱力して相手を崩す。これは、試合で、酔拳の選手が実際に行っていた方法に近い。力を抜ければ、驚くほど相手が崩れる。逆に、相手に脱力されると、やはり驚くほど自分が崩されてしまう。パムにおいても、これは必須だ。自分では、パムの展開になったら体を相手に預けるようにしていたが、その状態以上に力を抜いてしまう。この度合いまえの脱力は、これまで実行していなかった。今後、試していこう。
     2対1では、位置取りを最重視。相手を一直線にさせることは、自分でも実行していたが、離れ過ぎずに1人の相手の近くにいれば、もう1人に横や後ろをとられることがない。実際には逃げることが優先だが、戦わねばならない状況では、この方法が効果を発揮する。
     武器を相手にしても、位置取りが最も重要になる。武器を見るのではなく、武器を持った手から体全体を見て、相手の初動で、武器の当たらない位置へ、ゆっくりと移動する。試合では、動くタイミングは共通しているものの、正面から飛び込んでしまっていた。少しの位置移動が、その後の展開を左右する。ムエタイにも共通する要素であり、常にこの動きを怠ってはならない。
    | BUDO-STATIONシステマ | 18:54 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE