<< 暑さを考慮して、慎重な練習とする | main | 頭は横へ動かせばいい >>
0
    ミット終了時に先生から「すごいね」と言ってもらえる喜び
     曇りで、昨日より気温が少し低いので、タイヤから。ディアムを1セット200回で行う。気温が低いといっても、昨日と変わらぬ汗の量だった。
     シャドー5ラウンド、サンドバッグ2ラウンド。
     ミットはモー先生。前回に欲を出してしまったので今回は、と思うことはなく、弛緩して臨むが、それでも序盤は力みが生じた。
     徐々に力が抜けて、速い回転の指示に対応できる。
     テッは正しく動いているはずだが、威力が感じられなかった。
     連打では、落下と浮上が少し向上。まだ右は床を蹴っている。
     良いところもあれば、改善すべきところもある、という内容だったが、終了時にモー先生から「すごいね」と言われる。先生の真意が、どこにあるのか?不明だが、モー先生から誉められるのも初めてだ。素直に喜びたい。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッカーン1ラウンド、テッタン1ラウンド。角度や位置を正確にしにくいサンドバッグで、少しずつ精度が上がってきた。たいへん良い傾向だ。
     シャドー2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 18:25 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE