<< 試しで出す攻撃が強烈にヒットするのは、決めようという意識が無いため、心身ともに良い状態になっているからだろう | main | ミットもスパーも良い内容で充実感が高い >>
0
    ミットでテッを評価されるが、調子に乗って力み、疲労する失態
     気温が、だいぶ下がったので、ロープを行っても、ひどい汗にはならないだろう、と再開。膝などの痛みは生じず、呼吸は吐くことによって、動きは軽快だ。しかし、久しぶりのせいか、中断が、かなり多かった。
     シャドー5ラウンド。テッはタンから始める。この流れの方が、楽に進める感じがする。
     サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはドン先生。また、冒頭に力み。しかし、早期に弛緩でき、テッは「パワーがあって、フォームが良い」との評価をいただける。これは珍しい。おかげで、単発のテッが多くなった。
     3ラウンド目の終盤は、単発のテッをサーイクワーで連続。ここで調子に乗り、もっと強く!という欲を出してしまった。力みが生じて急速に疲労する。またしても心理が肉体に影響を及ぼしてしまった。
     3ラウンドを終えて延長し、10連打を左、右、左。昨日よりは、落下と浮上を少しだけ大きくできた。しかし、まだまだ会心の動きには程遠い。わずかな前進を大切にしながら、明日へつなげていくしかない。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッタン1ラウンド、テッカーン1ラウンド。テッカーンの身体操作を、ほぼそのままテッタンで実行でき始めた。
     プッシュアップ9、4、3、3。クランチ16、12、12。
     シャドー2ラウンドで、動きの復習とクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:20 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE