<< 10連打の実行中に浮上や落下を意識できるのは余裕の表れか? | main | 気持ち、特に欲で動きが低下する恐ろしさ >>
0
    テッタン(ローキック)も共通の身体操作で蹴るべきではないか?と検討
     自由に動くシャドーから開始して、今週、気になっていたテッタンについて検討。
     跨を閉じる、あるいは骨盤の前方に蹴り出す方法で、これまでは無自覚に蹴っていたが、テッタンでも、テッカーンやカウと同じように、横上げにすべきではないのか?と思い始めたのが発端。
     ジム練習では、サンドバッグで試し、間合いが遠くなる効果は確認した。
     対人では、どうなるか?
     実際に蹴るわけにはいかないが、テッカーンと共通の身体操作によって無反動化され、重くて威力のある蹴りになる感触があった。
     次はスパーで生身の相手に確認しよう。
     テッタンから始めて、横上げや脇湾曲へと細分化し、そこから、テッカーンやマッなど技へ戻って動きを確認、反復。
     ムエコチャサンを通して2回。
     五行の気、舒筋法で終了。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 18:47 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE